女子ゴルフの富士通レディースは16日・千葉県東急セブンハンドレッドC(6635ヤード、パー72)で最終ラウンドを行い、首位と1打差の3位でスタートした松森彩夏(22)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算12アンダー、204としてツアー初優勝、賞金1440万円を獲得した。

 首位タイで出発し、松森と競った笠りつ子は最終18番でトリプルボギーをたたき、8アンダーの2位。やはり首位タイで出た堀琴音は7アンダー、3位。4アンダー、4位に比嘉真美子、木戸愛。森田理香子は前年優勝のテレサ・ルー(台湾)、佐伯三貴らとともに3アンダー、6位だった。
提供 
日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK16H33_W6A011C1000000/

よく視聴されている動画です!